外国人人材の活用を目的として、新たな就労できる在留資格として、特定技能が新設されました。 多くの業種に適用できる在留資格であり、外国人人材を活用できることで多くの企業や公共団体が人手不足の切り札として活用を考えています。・・・