2019年の4月より、改正された入管法による特定技能1号、2号という新しい在留資格の運用が開始されました。 この在留資格は、外国人労働者にとって就労を目的とするための在留資格となり、今まで技能実習や留学の在留資格で来日し・・・